解消するには

手術の方法と注意する点

目の下のたるみは、年齢とともに気になる個所です。目の下がたるむのは、紫外線などで皮下(真皮)のコラーゲン組織がダメージを受け、水分量が減少するためと、加齢で表情筋の筋力が低下し、目の周りの脂肪が蓄積するためです。たるみ取りの手術としては、減少したコラーゲンを注射で注入する方法や、保水力の高いヒアルロン酸を注射する方法があります。しかし、コラーゲンは、体にとってアレルギー反応を起こす恐れがある点に注意が必要です。最近では、目の下のたるみ取り手術としては、コラーゲンよりヒアルロン酸注射が主流になってきました。こちらは、人体にとって異物ではないのですが、アレルギー体質の人は、微量に含まれる安定剤や麻酔剤に対してアレルギー反応を起こすこともあります。

知っておくと良い手術方法

たるみ取りを目的としたヒアルロン酸等の注射は、数多く行われていますが、皮下の奥の真皮に均等に注入する必要があります。浅い部分に注入すると、でこぼこが目立ってしまうので、熟練した医師に依頼する必要があります。他に、ボトックス注射によって、しわやたるみを改善する手術方法があります。また、たるみが多い場合は、蓄積した脂肪や余った皮膚を切除する外科手術もあります。目の下のたるみ取りとしては、ヒアルロン酸やボトックスの効果が半年前後しか持続しないのに対し、外科手術は長期間効果が持続します。ただし、加齢を止めるわけではないので、またコラーゲンが減少しなり、表情筋の筋力が低下したり、脂肪が蓄積すると、徐々にたるみができてしまいます。