様々な原因

たるみが引き起こされる原因とは

加齢を重ねるにつれて多くの人が悩むのが、目の下のたるみです。このたるみは、様々なことが原因で引き起こされます。たとえば、太りすぎが原因で引き起こされます。というのも、顔の皮膚は柔らかいので余計な脂肪がつけば、重さに耐えられずたれるからです。一度、顔に脂肪がついてしまうと、そう簡単には落とせません。 その他の原因としては、花粉症などのアレルギーが挙げられます。花粉症になると、日常的に目のかゆみ、充血が起こります。そのため、無意識に顔を擦ることになり、その刺激によって目の下のたるみにつながります。目の周りに刺激を与えると、目の周囲の筋肉が伸びて皮膚を支えられなくなるからです。上記のように、いろいろと目の下がたるむ要因があります。

たるみを解消するための方法とは

美容外科では、目の下のたるみ取り施術を行っています。そもそもたるみは、目の周りの筋肉が落ちて皮膚が伸びることで生じます。そのため、たるみ取り手術では、まつ毛の生え際からたるんだ皮膚を切除して縫い合わせます。その結果、目元をハリのある肌へと若返らせることができます。このたるみ取り施術は患者さんの満足度が高く、若返り術として人気を集めています。 たるみ取り施術の痛みについては、施術前には点眼麻酔と局所麻酔を併用します。なので、施術に際しては痛みはありません。それと、会社や学校などでダウンタイムが取れない方には、片目だけの手術も行っています。一方の目の施術後に、眼帯をして生活をします。その後、腫れが引いたら、もう片方の目の手術をします。ですから、臨機応変に対応してくれるので安心です。